ダイエット経験者として、ダイエット食品、ダイエットカロリー計算、ダイエットサプリメントなどやりましたァー・・・but 女性のダイエット挑戦者約8割、その成功率は約3割にとどまるとの調査結果もあります。

FrontPage

ダイエットの成功率はなぜ低い?

アメリカでの統計ですが、ダイエットをしてもほとんどの95%が失敗とされています。

diet_woman

  • 他人事ではありませんが、ダイエットを敢行?されている方が多い日本でも、アメリカのデーターから考えてもダイエットの成功率は低いのではないかと推測されます。
  • ダイエット経験者は女性全体の約8割に上るが、その成功率は約3割にとどまっているとのアンケートによる調査結果もあります。
  • 太った原因の1位が運動不足である一方、実際のダイエット方法では食事制限によるダイエットが中心です。
    • 間食をやめた。
    • 甘いものや脂っこいものを控える。
    • 食事の量を減らすなど。
  • ダイエット食品によるダイエッターは、4人に1人とのことです。
  • ダイエットを繰り返すことで、体重が減りにくくなるといわれています。

ダイエットが成功しない理由

  • 空腹時に食事を摂ることは効果的にエネルギーを体内に留めてしまう上に食欲がでてしまう。
  • 食事の量が少ないので、ゆっくり食べても満腹シグナル
    が脳に届かず、お腹が空いたまま食事が終わってしまう。
    消化吸収が大変速く、胃がからっぽになる。もし体重が減っても、
  • この食生活を何年も続けるのは難しく、耐えられなくなり、リバウンドが目に見えている。

ダイエット方法の選択に失敗する。

  • なぜ太っているか?自分自身太った要因を正確に把握していない。
  • ダイエット方法の知識がなく、限りない多くのダイエット情報に振り回されている
  • リバウンドが起きる可能性が高いダイエット方法を選んでいる。

ダイエット目的で血糖値を意識する

  • 食後1〜2時間後にジョギングなどにいく人に最適な食事で、ダイエット目的には不向きです。
  • これらの精製された炭水化物は、急激に血糖値を上げます。すると直ちにインスリンというホルモンが働き、消化された炭水化物を細胞内に取り組みます。
  • せっかく食べても大変効率よく吸収されてしまうので、また血糖値が下がってお腹が空いてしまいます。

お勧め!低炭水化物ダイエット

  • 低炭水化物ダイエットとは、基本的にご飯・パンなどの主食以外のおかずはなにを食べてもOK のダイエットです。
  • 炭水化物摂取量を制限することで、血糖値をコントロールするのが目的です。
  • 炭水化物も体に必要な栄養素です。
  • 全く摂らないのではなく、 控えめにすることを心がけましょう。
    この低炭水化物ダイエットに適した食品は、大豆、緑黄色野菜、フルーツ、きのこ,海草、ヨーグルトなど。一応、食べる ことができるダイエットなので、あまりストレスをためずにダイエットできます。
  • これらのアイテムは食物繊維が多く含まれ、GI値も低いため(=血糖値が急激に上がりにくい=血糖値が急激に下がりにくい)、白パンや白米よりも長く満腹感を感じることができます。
  • 急激な血糖値の上下は食欲に悪影響を及ぼすだけではなく、疲労感を与え易くなります。
  • 精製された炭水化物が中心のダイエットは、効果的にダイエットをしたい人にとって悪いことばかりです。

満腹シグナルを上手に使う

  • 食事をすると、胃や腸が脳へ満腹シグナルを送ります。
  • ゆっくり、よく噛んで食べるのがコツですが、おにぎりや食パンだけでは、不自然なほどゆっくり食べる羽目になります。
  • おにぎりや食パンと一緒に、サラダや具沢山の汁物を一緒に食べて、食事の時間を長くするような工夫も必要です。
  • お腹が空いたまま食事をやめてしまうようなダイエットは長続きしません。

消化吸収の速さを意識する

  • おにぎり、食パン、バナナなどは、胃腸に負担を与えることなく無駄なく素早く吸収されます。
  • その結果、ダイエッターの人が望んでいるのと逆の効果が出てしまいます。

消化時間

  • 胃での消化には1〜4時間かかりますが、これらの消化しやすい炭水化物は、すぐ胃を通過していきます。
  • 消化の速さは炭水化物タンパク質脂質の順なので、タンパク質脂質を上手く組み合わせることで、胃の通過時間を遅らせることができます。
  • 例えば食パンと一緒にコーヒーだけではなく牛乳を追加、食パンとピーナツバター、おにぎりと一緒に納豆&魚、うどんと一緒に卵などを組み合わせるのがおすすめです。
  • いくらカロリーが低くてもあっというまに胃が空っぽになれば減量はあまり期待できません。

リバウンドや失敗が考えられるダイエット方法

  • 今、話題のダイエット食品を食べること。
  • スポーツジム、痩身エステに通い始めること
  • テレビや雑誌で見たダイエット食品をつぎつぎと試してみること。
  • 食事減らししてカロリー摂取を制限すること。
  • 毎日、ジョギングやウォーキングを始めてみる
  • 一時的でもいいから痩せたいという場合は別ですが、リバウンドが予想されるダイエットは時間と労力の無駄になってしまいます。
  • ダイエットは何ヶ月でも何年でも続けれるような食生活を選ぶことが大切です。
  • 一時的な体に合った、ダイエットを繰り返すことで、飢餓に強い体になり悪循環に陥ってしまいます。

スポンサーリンク

ダイエット関連商品通販ショップの広告

>>> ダイエット商品あれこれ <<<

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional